Historiai

歴史や文明、雑学などを綴るブログ

*

ゴッホとセザンヌ ~超絶嫌われ者の画家達~

      2017/12/22

「セザンヌ「果物籠のある静物」オルセー美術館」

嫌われていた時代の寵児

アーティスト、画家という人達は変わり者だらけですが、とりわけ女性関係などはエピソードを話すのをためらうぐらい酷いものです。そういった変わり者だらけの画家達の中で今回は2名の印象派の画家の嫌われていたエピソードを紹介したいと思います。

印象派の画家は個性派集団でありましたが、とりわけ2名の画家は際立って個性的な性格をしておりました。その内の1人はパリから離れた土地でひっそりと生活をして生涯を終え、もう一人は自ら命を絶つことになります。そして両者に共通していたのは「市民から超嫌われていた」ことです。それも尋常じゃなく・・・

ポール・セザンヌ

セザンヌは非常に気難しい人間でした。印象派の画家の中でピサロという画家がいますが彼が人格者であったことを示すエピソードに「唯一セザンヌとコミュニケーションがとれる人」と評されています。そのことを踏まえると「セザンヌよ・・・お前どんだけ嫌われてるねん」とツッコミを入れたくなる気持ちになります。

彼は結婚していたのですが、どうやって奥さんを見つけたのか疑問に思うほど気難しい人物です。というか、奥さんをモデルにして絵を書いた時のエピソードがあるのですが、奥さん相手に「動くな。りんごは動かない」など結構きついことを言ってるので「奥さん凄いな」と思います。

(忍耐力の塊の奥さん この絵は塗り残しの余白があることでも有名)

他にセザンヌの絵のモデルをやったことがある人達(画商のヴォラールら)の証言が残っているのですが、ちょっとでも動くともの凄い癇癪を起こすらしいので半端ないです。

セザンヌは父親が銀行経営をしていて莫大な遺産があったので(だから生活には困らなかった)奥さんはもしかしたらセザンヌではなくそちらに興味があったのかもしれませんね。

そんな気難しいセザンヌでしたが1人だけ例外がいて息子のポールにだけは優しく接したようです。

セザンヌは印象派の画家でしたが、多くの印象派のメンバーがパリで生活をしてお互いに交流をするなかで、パリに住むことなく故郷のエクスに戻りアトリエに籠もって絵を描きながらひっそりとした隠遁生活を送っていました。

今でもエクスにはセザンヌのアトリエが丁寧に手入れがされた完全な状態で残っています。セザンヌがりんごや壺を置いたテーブルやバスケットなども絵に描かれたままの形で完全に残っており当時の姿を偲ぶことができます。

(セザンヌのアトリエ トリップアドバイザー提供)

さて、そんなセザンヌの嫌われていたエピソードです。それは彼が生活した故郷のエクスで街中の人達から嫌われていたということです。例えば、街中を歩いているとそれだけで子供たちから何度も石を投げられたりしたそうです。

詩人のジョワシャン・ガスケは当時エクスに住んでおり、セザンヌが迫害されているシーンを何度も目撃しておりました。彼の著書「セザンヌ」の中でそのことについて書いている場面があります。

どうしてかわからないが、セザンヌを殺したいほど嫌っている一派がいた。その内の一人がセザンヌを見つけると「こんな画家は銃殺しろ」など大声で叫びセザンヌをあざ笑った。

さらに街中で声を掛けられるとセザンヌはそういった人達が自分を迫害すると信じ込んでおり、尾行されていると勘違いした。そして逃げるように自分のアトリエ駆け込み家中のドアを閉め鍵を掛けた。そして自分がなぜみんなから敵意を持たれるのかと自分自身に問いかけた

という風に述べています。ここまで嫌われるのって逆に難しくない?と思うぐらい清々しいまでに嫌われていますね。

ただ、画家のベルナールがセザンヌが写生に行く際に一緒に付き添って行ったのですが、道端でセザンヌが足を取られて倒れそうになったので、手でセザンヌの体を支えたら「俺の体に触れるな、絶対騙されるものか」ともの凄い癇癪を起こして怒鳴り散らしたという逸話が残っています。

ですからそういった難しい性格が街中の人達から嫌われた原因なのではないのかと思います。しかし騙されるって何か被害妄想でもあったのでしょうかね・・・・

こういった難しい性格のセザンヌでしたが、彼の作品は生前から評価されており若手の画家が彼を慕って訪れたりしたりしたので(上記のベルナールなど)そこまで寂しい人生を送ったのではないのかと思います。

セザンヌは印象派の画家達の中でキュビズムなどを含めたその後の美術界への影響を考えると最も影響を与えた画家であると言えるかと思います。

ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ

(ゴッホのひまわり 実は1作でなく7作描かれた)

ゴッホは現在、ピカソやダ・ヴィンチに匹敵する世界で5指に入る人気画家の1人ではないのでしょうか。少なくともオークションで最も高値の付く画家の1人ではないかと思います。さて、セザンヌに引き続いてゴッホの嫌われていたエピソードをお話しようと思います。

ゴッホはその人生の終盤にフランスのアルルという街で生活していた時期があったのですが、その間わずか2ヶ月ほどですが、タヒチに住んで絵を描いたことで有名なポール・ゴーギャンと共同生活をしていたことがあります。1888年のことです。

この二人の共同生活はお互いの相性が悪く上手くいかなかったため、わずか9週間で破局を迎えてしまいます。そして二人の関係がギクシャクした中で有名な事件が起こります。

ゴーギャンがアルルの街中を歩いているとゴッホは突然彼にカミソリで襲いかかろうとしましたが、思いとどまって家に帰ります。そしてその後に自らの片耳を切り落とすという行為に走ります。

その後その切り落とした片耳をゴッホは布に包んでラシェルという娼婦に渡すのです。この一連の事件を「耳切り事件」と言います。片耳を切った後の痛々しい自画像も残されています。


この事件はラシェルに切り落とした耳を渡したせいで警察沙汰となり、世間に明るみとなります。そしてゴッホが狂気の状態であることが知れ渡り、彼は精神病院に入院させられてしまいます。

まあ当然ですよね。娼婦のラシェルの立場になってみれば、いきなり娼館に来て『この品を大事に取っておいてくれ』と何かを渡されて、あとでそれを開封したら片耳が入っていたらそりゃ警察に通報しますよね・・・

この耳切り事件は新聞に掲載された為に結果的にアルルの街の住民に知れ渡ることになります。そしてこの一件を通じてアルルの住民のゴッホに対する不信が最高潮に高まります。

さらに退院したゴッホはその後も町中で「毒をもられている」「至る所に囚人がいる」などと喚き散らした為にアルルの市民は一致団結してゴッホを追い出そうとします。

最終的に市民の訴えによって警察がゴッホを精神病院に強制入院させることでゴッホはアルルの街を離れる(追い出される)ことになります。セザンヌは嫌われていても街を追い出されることはなかったのでセザンヌより一枚上手ですね。

ゴッホはこの事件からわずか1年半後の1890年に心を病んでピストル自殺をすることになります。

私はゴッホの絵の中で「星月夜」という絵がいちばん好きです。

(ゴッホ「星月夜」ニューヨーク近代美術館)

この「星月夜」という作品は幻想的なタッチで描かれていて夢のような世界観でとても素晴らし作品だと思います。しかし、こういった一連のゴッホの話を聞いた後だと「精神病の人が書いた絵と言われれば確かにそう思えなくもないな」と思わせる絵であると思います。

ゴッホの現在の評価を知っているとせめてもう少し幸福な人生を送れなかったのかと少し悲しくなります。

 - ゴッホとセザンヌ~超絶嫌われ者の二人の画家