Historiai

~ヒストリアイ~

「◆全投稿一覧(投稿日順)」 一覧

no image

奇跡のエンジン「誉」の光と影 (物量 その③)

2020/12/1  

日米比較のシリーズ 第3回目は「物量」をテーマとして扱い全部で4つの投稿からなっています。全て独立した内容となっているので個別に見ても問題がないよう構成しておりますが、ご興味があれば他の投稿も参考にし ...

陸海軍の組織的対立と航空機生産への悪影響(物量 その②)

2020/10/12  

日米比較のシリーズ 第3回目は「物量」をテーマにして全部で4つの投稿からなっています。全て独立した内容となっているので個別に見ても問題がないよう構成しておりますが、ご興味があれば他の投稿も参考にしてみ ...

負けたのは物量だけなのか?~大量生産の努力~ (物量その①)

2020/9/21  

(大量生産されるB-24リベレーター爆撃機) 日米比較シリーズ 「物量に負けた」全4回 量産!量産!また量産!~大量生産の努力~(こちらの投稿) 航空機生産を妨げた陸海軍の組織的対立 奇跡のエンジン「 ...

岩手のコロナ騒動と戦前の捕虜への偏見 ~岩手県民は斯く戦えり、感染一号者には特別のご高配を賜らんことを~

2020/8/2  

岩手県はコロナ感染者0を続けていた 2020年8月、本来であれば東京オリンピックが開催され日本全国津々浦々でお祭り騒ぎになっているかと思いますが、実際は新型コロナウィルスの影響で東京五輪は延期となりそ ...

歴史を結果から逆算してしまう(家康を例に)

2020/1/30  

※今回の話はサクッと短めにしたので「歴史」ではなく「雑談」のカテゴリーに入れました。 徳川家康、天下を取れたラッキーマン 世の中の歴史好きの人達の多くが常に心掛けていることは歴史をできる限り客観的にみ ...

平安女流文学が現在のラノベと同じワケがない

2019/3/8  

現在我々が大変価値があると思っているものが、実は作られた当時はそれほど評価を受けていなかったり、また場合によっては無造作に捨てられたりしていたことは珍しいことではありません。 例えば以前も書いたのです ...

室町時代まで残っていた土佐日記の原本

2019/3/4  

土佐日記に関して一般に知られている知識の他にちょっと興味深い内容を簡潔に紹介してみようとおもます。 まずは一般的に知られている簡単な土佐日記の内容です。 「男もすなる日記といふものを、女もしてみむとて ...

古代中国がいかに文明国であり超大国であったか

2018/1/28  

この記事の要約 「昔の中国は凄かった」ということを簡単に要点だけをまとめて説明します。人口やGDPの割合などの基本情報の他に、世界三大発明+紙など技術分野におけるテクノロジー超大国であったことを紹介し ...

藤原定子 ~中宮定子の壮絶な最後~

2017/12/27  

◆華麗なる藤原定子 藤原定子(ふじわらのさだこ)一般に中宮定子(ちゅうぐうていし)と呼ばれる女性が今回のお話の主人公です。 中宮定子は中学、高校でお馴染みの歴史上の人物です。歴史の授業だけでなく国語の ...

スイスの少年が15歳まで母親のおっぱいを吸っていたという驚愕の事実

2017/12/22  

ホームシックという言葉がありますよね。意味は「家族や故郷を懐かしがる」という感じのニュアンスの言葉です。このホームシックという言葉の語源ですが実はスイスが発祥です。 スイスという国は歴史的に非常に貧し ...

中世ヨーロッパの「性生活」

2017/12/19  

(中世ヨーロッパの「売春宿」を描いた絵画・男性の右手に注目) ◆中世の性生活 以前「中世ヨーロッパの生活1~3」という記事を書いたのですが、その影響なのか当サイトに「中世ヨーロッパ 生活」と検索して来 ...

産業革命が印象派に与えた影響とは

2017/12/17  

◆技術の進歩や発明が印象派に与えた影響 以前美大の友人の学園祭に行った際に「赤富士」をテーマにした美大生の連作を見ました。赤富士と言えば北斎の通称「赤富士」こと凱風快晴は特に有名ですよね。 (葛飾北斎 ...

ナイル川が毎年必ず氾濫して肥沃な土を運んでくるのは何故か

2017/12/13  

ナイル川の氾濫とヘロドトス このブログのタイトルである「Historiai」は古代の歴史家であり歴史の父と呼ばれるヘロドトスの著書であるHistoriai(邦訳『歴史』)を由来として名付けております。 ...

ゴッホとセザンヌ ~超絶嫌われ者の画家達~

2017/12/2  

「セザンヌ「果物籠のある静物」オルセー美術館」 嫌われていた時代の寵児 アーティスト、画家という人達は変わり者だらけですが、とりわけ女性関係などはエピソードを話すのをためらうぐらい酷いものです。そうい ...

印象派とジャポニズム ~浮世絵が与えた影響力~

2017/12/1  

日本の江戸時代に長崎から西洋に向けて輸出する商品には様々な品物がありましたが、伊万里焼などを出荷する際に長い航海で傷がつかないように和紙などの使わなくなった紙などを今日で言う緩衝材の代わりに使用しまし ...

3分で読めるシャネルの業績

2017/11/4  

ここでは3分(2000字)で簡単に分かるほど簡潔にまとめたシャネルの業績を紹介したいと思います シャネルのファッションデザイナーとしての業績は大きく分けて2つのレベルに分類することができます。一つはフ ...

3分で読めるココ・シャネルの伝記

2017/11/3  

ココ・シャネルの一生を約2000字でまとめました。時間として3分20秒ほどで読めます。 ◆ガブリエル・シャネルの一生 ココ・シャネル、本名ガブリエル・シャネルは1883年8月19日フランスのソミュール ...

ココ・シャネルの歴史的な業績とは何か

2017/10/15  

● はじめに ガブリエル・シャネル、通称「ココ・シャネル」はファッション界のみならず一般社会においても20世紀を代表する人物の一人です。 (ガブリエル・シャネル 通称「ココ」) そんな彼女の偉業はこん ...

歴史上「最悪」な職業ランキング ~番外編~

2017/10/13  

◆ バラエティーに富んだ最悪の仕事 歴史上最悪の仕事を前後2つにわけて紹介しましたが、こちらでは最悪であるけれどそれ以上に面白い職業を紹介してみたいと思います。本編では最悪順にランキングしたのでキツイ ...

歴史上「最悪」な職業ランキング ~後編~

2017/10/7  

後編では前編より時代が進み、科学技術が進歩によって出現した最悪の仕事や、歴史上の全ての仕事の中から栄えある?ワースト1の職業を紹介したいと思います。 硝石集め人 世界の三大発明というと「火薬、羅針盤、 ...

歴史上「最悪」な職業ランキング ~前編~

2017/10/6  

(歴史的な職業:鍛冶屋) イギリスの公共放送である「チャンネル4」で以前「World Job in History」という放送が放映されたことがあります。イギリスが成立する以前のローマ時代の古代から現 ...

三島由紀夫がノーベル文学賞を逃した理由

2017/5/13  

【この記事の要約】 当時、海外で日本人として天皇に次ぐ圧倒的知名度を誇った三島由紀夫がなぜノーベル賞を逃し、そして川端康成が受賞したのか。日本人候補の選考に関わったドナルド・キーンと三島の親友であるヘ ...

環境破壊と自然との共生②(中国・日本編)

2017/3/20  

前編のヨーロッパ編では最初に人類最古の神話が環境破壊の話であることをピックアップしました。それでは同じユーラシア大陸の東側である東洋、とりわけ中国では環境問題は歴史的にどうであったのかを見てみたいと思 ...

環境破壊と自然との共生①(ヨーロッパ編)

2017/3/20  

◆自然との共生とは 中国で孔子と同じく儒教の大家である孟子はある時「人の本当の姿は見た目だけではすぐに判断できない」という教訓を弟子達に話すために、次の様な例え話をしました。 孟子は言いました。「牛山 ...

海軍最強パイロット ~操練と江馬兵曹長~

2017/2/3  

蒼空の航跡の中に撃墜王と言われるのはどのようなキャリアを持ったパイロット達であるか、そしてパイロットの技量とどのパイロットが優れていたかについて書かれたものがあるので引用してみたいと思う。 パイロット ...

ドッグファイト 実際の空中戦の姿とは?

2017/2/2  

太平洋戦争中の最中に戦闘機での空中戦が実際にどのように行われていたのであったのだろうか。例えば坂井三郎氏の著書に「二番機の太田が!」という様な内容があるが、実際にそれがどのようなものであったかを述べて ...

海軍航空隊パイロットの分類

2017/1/31  

海軍航空隊のゼロ戦パイロットや撃墜王の話になるとパイロットの名前の後に( )が付いていることが多い。例えば、坂井三郎(操練38期)とか角田和男(乙飛5期)という具合である。何気なく見過ごしてしまってい ...

実は奴隷なんてどうでもよかった南北戦争 

2017/1/26  

◆アメリカで一番偉大な大統領は誰? アメリカの歴代の大統領で一番偉大な大統領は誰かというアンケートすると大体は一位がリンカーンで次点がワシントンという結果になります。リンカーンと言えば南北戦争で勝利し ...

西漸運動~領土拡張と開拓の歴史~

2017/1/10  

◆フロンティアの定義 アメリカと言えばドラマ「大草原の小さな家」でおなじみの開拓地のイメージを持っている人も多いと思います。開拓地、英語でいうフロンティアにはイメージとして「未開拓の広大な土地」という ...

実は広大な地域だったルイジアナ買収

2017/1/4  

アメリカは18世紀に独立を果たしたのですが、実はアメリカ大陸は広大すぎる土地であったために、合衆国外の西側の地域については今と違ってよくわかっておりませんでした。 もちろん、西の果てには最終的に太平洋 ...

Copyright© Historiai , 2020 All Rights Reserved.