Historiai

~ヒストリアイ~

「◆歴史」 一覧

平安女流文学が現在のラノベと同じ様訳がない

平安女流文学が現在のラノベと同じワケがない

2019/3/8  

現在我々が大変価値があると思っているものが、実は作られた当時はそれほど評価を受けていなかったり、また場合によっては無造作に捨てられたりしていたことは珍しいことではありません。 例えば以前も書いたのです ...

室町時代まで残っていた土佐日記の原本

室町時代まで残っていた土佐日記の原本

2019/3/4  

土佐日記に関して一般に知られている知識の他にちょっと興味深い内容を簡潔に紹介してみようとおもます。 まずは一般的に知られている簡単な土佐日記の内容です。 「男もすなる日記といふものを、女もしてみむとて ...

文明国であり超大国だった中国

古代中国がいかに文明国であり超大国であったか

2018/1/28  

この記事の要約 「昔の中国は凄かった」ということを簡単に要点だけをまとめて説明します。人口やGDPの割合などの基本情報の他に、世界三大発明+紙など技術分野におけるテクノロジー超大国であったことを紹介し ...

藤原定子 ~中宮定子の壮絶な最後~

藤原定子 ~中宮定子の壮絶な最後~

2017/12/27  

◆華麗なる藤原定子 藤原定子(ふじわらのさだこ)一般に中宮定子(ちゅうぐうていし)と呼ばれる女性が今回のお話の主人公です。 中宮定子は中学、高校でお馴染みの歴史上の人物です。歴史の授業だけでなく国語の ...

ナイル川が氾濫して肥沃な土地になる理由

ナイル川が毎年必ず氾濫して肥沃な土を運んでくるのは何故か

2017/12/13  

ナイル川の氾濫とヘロドトス このブログのタイトルである「Historiai」は古代の歴史家であり歴史の父と呼ばれるヘロドトスの著書であるHistoriai(邦訳『歴史』)を由来として名付けております。 ...

歴史上「最悪」の職業決定戦

歴史上「最悪」の職業 ~番外編~

2017/10/13  

◆ バラエティーに富んだ最悪の仕事 歴史上最悪の仕事を前後2つにわけて紹介しましたが、こちらでは最悪であるけれどそれ以上に面白い職業を紹介してみたいと思います。本編では最悪順にランキングしたのでキツイ ...

歴史上「最悪」の職業決定戦

歴史上「最悪」の職業 ~後編~

2017/10/7  

後編では前編より時代が進み、科学技術が進歩によって出現した最悪の仕事や、歴史上の全ての仕事の中から栄えある?ワースト1の職業を紹介したいと思います。 硝石集め人 世界の三大発明というと「火薬、羅針盤、 ...

歴史上「最悪」の職業決定戦

歴史上「最悪」の職業 ~前編~

2017/10/6  

(歴史的な職業:鍛冶屋) イギリスの公共放送である「チャンネル4」で以前「World Job in History」という放送が放映されたことがあります。イギリスが成立する以前のローマ時代の古代から現 ...

まさに塞翁が馬だったチャーチルの人生とは

チャーチルの人生と塞翁が馬

2016/3/21  

(最もよく知られるチャーチルの写真 撮影の為に葉巻を取り上げられてカメラマンに激怒していたらしい) 人間万事塞翁が馬の様な人生を歩んだ一人の人物がいる。それが大英帝国が生んだ偉大なる政治家ウィンストン ...

巧言令色鮮なし仁~魏徴と田中角栄

巧言令色、鮮なし仁 ~魏徴と田中角栄~

2015/4/17  

私の好きな言葉に ――巧言令色、鮮なし仁。(巧言令色鮮矣仁。) こうげんれいしょく、すくなし、じん という言葉があります。論語の中の言葉で 「言葉巧みで上手いことを言うヤツは胡散臭いから気をつけろ。」 ...

兵士と共にあれ、ナポレオンのアルプス越えと黒パン

兵士と共にあれ ~アルプス越えと黒パン~

2015/4/15  

フランス革命時、フランス軍がアルプスを越えてイタリアに侵攻とした時の話である。ある前線の兵士達の所へ一人、士官用のマントを羽織った士官が視察に来た。その士官はボロきれのマントに騾馬(ラバ=馬とロバの混 ...

これが帝国主義の略奪 義和団の乱と列強の略奪

義和団の乱 ~列強の暴虐について~

2015/4/15  

義和団の乱は1900年に扶清滅洋をスローガンに掲げた内乱である。乱といっているが実際は戦争といっていいのだろう。それというのもこの乱は、中国国内の内戦から急変し、驚くべきことに最終的には中国と列強との ...

聖書は盗作だった? ~シュメール文明とギルガメシュ叙事詩~

シュメール文明とノアの方舟を盗作した聖書

2015/4/15  

(シュメール・現在のイラクに位置した) 歴史はシュメールに始まるといわれております。 このシュメールとは何かというと、現在のイラクにあったメソポタミア文明の初期の国家のことです。つまり人類の歴史とはメ ...

ヘレニズム文化がインドまで 仏像彫刻はミロのヴィーナスの香り

仏像彫刻はミロのヴィーナスの香り ~ミリンダ王の問い~

2015/4/15  

「ミリンダ王の問い」というものがあります。ミリンダ王とは誰かというと紀元前2世紀のインドの王様です。この時代、実はインドの西北地域(パキスタンやアフガニスタンを含む)の王様はギリシア人でした。 何故イ ...

難攻不落の名城・小田原城と惣構え

難攻不落の名城 ~小田原城と惣構え~

2015/4/15  

古代中国の歴史書「旧唐書・太宗本紀」に肉食の習慣の文章があります。 是の歳、関中饑ゆ。男女をひさぐ者有るに至る 意味は「餓えて男女を売買した」つまり食用として売られたと言うことです。 古代中国では肉食 ...

脚気・壊血病、大航海時代とビタミン

ビタミンの役割と大航海時代

2015/4/15  

◆ビタミン不足が原因の病気 ダイエット中は多くの人々が食事制限をしていると思う。一番身近なダイエット方法がこの食事制限である。しかし、食事量が減少するとともに、カロリー以外に体の潤滑油として必要として ...

ローマ人の物語(書評)

ローマ人の物語

2015/4/15  

ローマ人の物語とは古代ローマ帝国興亡の1千年の歴史を全15巻かけて描き出す、作家・塩野七生氏による一大歴史叙述作品である。1年で一冊のペースで毎年発行され、現在までに11巻もの数を数えている。 私が氏 ...

人が人を喰らう時 -ジェノバ攻城戦-

人が人を喰らう時 ~ジェノバ攻城戦~

2015/4/15  

ジェノバ。ジェノヴァ。どちらが正確か表記かは分からないがジェノバ出身のコロンブスで有名なイタリアの海洋都市である。イタリア半島の右の付け根がベネチアならば反対側の左の付け根がジェノバである。 この街は ...

トップに立つ資質と中世の昔話

トップに立つ資質と中世の昔話

2015/4/15  

ある中世のアラビアの王国で従軍中に王子が軍師と話していました。 軍師は言います。 「かつて一人の勇敢な王がおりました。その王は5万の兵をひきいて遠征をし、国境の雪山を越えて戦い続けているうちに食料がな ...

Copyright© Historiai , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.